塩原温泉 下藤屋

電話0287-31-1111

  • 客室・館内施設
  • 温泉
  • 檜風呂
  • 庭園風露天風呂
  • 秘湯・共同浴場巡り
  • お料理
  • こだわりの厳選素材
  • 特別料理のご案内
  • 今月の献立
  • おすすめのお酒
  • 宿泊予約
  • 交通アクセス
  • 観光案内
  • メディア掲載
  • 宿泊ブラン一覧
  • おすすめプラン
  • 会員登録
  • お知らせ・ブログ

客室・管内施設

language English 中文繁體 香港繁體 中文简体 한국어 ภาษาไทย
  • TOP
  • ブログ

2011年9月22日

当館ゆかりの版画家『川瀬巴水』の作品の紹介

更新日時:2011年9月22日

川瀬巴水の作品のご紹介です。
大正から昭和にかけて日本各地を旅して回り、風景を描いた版画家の川瀬巴水。「昭和の広重」とも呼ばれ、高く評価されているが、これまであまり知られてはおりませんでした。
巴水は、各地の風景を版画に残してきました。その数は、大錦判と呼ばれる浮世絵の標準サイズで600点あまり。明治以降の日本版画界を代表する作家でした。しかし、巴水はこれまで、日本国内よりも海外で高く評価されていました。欧米のコレクターの間では、江戸時代の葛飾北斎や安藤広重と並び称され、全作品集も出版されています。
 おかね路の入口には、フェンスが張られていて、通ることができなかった。道幅が狭く、落石の恐
巴水が、 塩原を選んだのには理由があります。幼い頃、病気がちだった巴水は、夏になると東京の両親のもとを離れて、伯母夫妻が土産物屋を営んでいた塩原で過ごしました。巴水自身、「塩原は私を非常に可愛がつて呉れました。…懐かしい故郷のやうに思はれます」と書き残しています。
 この作品も大正7年に製作された当館を題材とした作品です。
  
  『塩原 新湯の秋』
L3120250000988392はすい.jpg
 クリックして頂けると、更新の励みになります! ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  ブログランキングranQ  人気ブログランキング【ブログの殿堂】           


作成者:shimofujiyaカテゴリー:未分類

  • お電話でのお問い合わせ・ご予約はこちら0287-31-1111

やまの宿 下藤屋

栃木県那須塩原市湯本塩原11 〒329-2922
【TEL】 0287-31-1111 【FAX】 0287-32-2416

pagetop